2017/11/26

SEOUL2017OCT...3


SEOUL3日目


夜な夜な遊んだけど、
最後の日なんだからちゃんと起きなきゃって。
朝ごはんに間に合った。
本当はにゅうめんのお店に入りたかったんだけど、
間違えて隣のお店へ入っちゃった。
おかゆ頼んだらこんなにおかずが。
朝からこんなに食べれない。
 最後の日もホテルでコーヒーをもらった。
 旅はそろそろ休憩しないとと言いつつも欲求を止められない。
Hと一緒ならどこへ行っても楽しい。
こんなに気があう友達は一生いないと思う。
いつか彼女となにかの形で仕事ができたらなぁと
夢見ちゃうよね。
あれやこれやと覗きたくなる。

さてさて
次はどこに行こうかな。

2017/11/23

SEOUL2017OCT...2

SEOUL2日目


散々問屋を回ってさすがに疲れた...
お腹空いてないけど
見つけちゃったし。
朝の5時だけど。
いつもyoutubeで見てるような韓国といえばの
チキン。
行って見たかったお店が目の前にあったら入るでしょ。
 すごい量が来ちゃった。
到底食べれず、
お持ち帰りにしてもらったけど、結局食べれず。
勿体なかったなぁ。
ホテルに戻って8時頃ベットに入り、起きたらもうお昼過ぎてた。
寝すぎた〜。
身支度して出かける時にはもう夕方。
遅いお昼ご飯を食べに。
江南地区へ。
 プデチゲ(部隊鍋)
若い兵士たちが共同生活をする中で広まったとされてる
野菜、豆腐、ソーセージ、ラーメン、チーズ
など具材たっぷりのピリ辛鍋だ。
 あったまる〜。
 Hはどこで撮っても絵になる。
韓国で 流行ってるのか、
このワンコ。
Hに似てる。
 夜ご飯は行ってみたかったタッカンマリのお店へ。
上に乗ってるの全部にんにく!
びっくりな量。
 ぷりぷりの鶏肉にニラ、キムチを
特製のタレにつけていただく。
 美味しすぎて、美味しすぎて。
 幸せってこういう顔。
外に出たらもう真っ暗。
たらふく食べて、にんにく臭い女2人は
夜の街に繰り出すのだ。



2017/11/18

SEOUL2017OCT...1

SEOUL1日目

はぁ〜Hに会いたいと思ったら、
東京に行くより
アジアで会う方が断然安いので、
今回もまた韓国で集合。
仁川で待ち合わせて、
ソウル駅までA'REX(空港鉄道)で移動。
JEJUのチケットを見せると運賃が割引になったよ。
SMALL HOUSE BIG DOOR
いい写真が全然取れなかったけど、
明洞まで歩いて五分くらいの立地の良さで選んだ今回のホテルは、
もともとオフィスだったところをリノベされてて、
余計なものが何もない、超シンプルなお部屋。
まぁ、どうせホテルにあまりいないし、いいかなぁと。
何よりもお値打ちなのがいい。
 
1階のカフェでコーヒーが無料でいただける。
部屋の鍵には3Dプリントで名前入り。
 美味しい。
 着いて早々に
前回も行って美味しかったこちら。
教大コプチャン(キョデコプチャン)
 一緒に出てくるおかずは生レバーと生センマイ。
これがまた激ウマ。
日本じゃもう食べれない生レバー、
最高に美味しい。
 これこれ
これを待ってたの。
牛の小腸=コプチャン
 〆のボックンパ(焼き飯)も最高!

 この顔見たら美味しいのが伝わるでしょ。
 お腹いっぱいになったから、
朝まで問屋街で買い物。
寝ませんよ。
 ファー付きのグローブ。
あったかいんだから。
バレンチノ?ルブタン?
もはや何のパクリかもわかんないけど、
可愛いから連れて帰ろう。
Hのグレージュは次の日行ったらもう売り切れだった。
私はカーキ
NちゃんとYちゃんは水色を。
いい買い物できた。


PARIS2017APR...8

PARIS最終日


 何日か前に通りかかって入りたかったCAFEへ。
 古い建物のいいとこを残すのがとても上手。
 ここで朝だけ働きたい。
 客席の距離が近くても嫌じゃないのは海外マジックなのか。
 パリにはタイプな人が多すぎる。
 どこもかしこも鏡が素敵。
このお店に来たくてまたこの街に。
 雑多な店内は掘り出し物の宝庫。
 1日かけて、くまなく探したい。
 全部欲しい。


連れて帰った子達
Christofleのバターナイフがなんと10ユーロ!
ビビる。
アンティークショップのお姉さんにオススメランチを聞いて
このお店に入ってみた。
バーでエスプレッソを立ち飲みする
ガテン系のお兄ちゃんたち。
手書きの黒板が親しみやすくていいよね。
 前菜でお腹膨れちゃうよ。

 ラテンなノリの店員さんが
私のつたないフランス語をじっと聞いてくれた。
優しすぎる。
量がすごい!
 危うくこのお肉を2人前頼むところだった。
ギリギリセーフで1つキャンセルできてよかった。
パリ最後の食事がアメリカンなBBQ味のお肉って
なんだかなぁと思いつつ、
お店のお姉さんの優しさに涙出そうにこの店を後にし、
 ホテルに戻って呼んでもらったタクシーに乗り込み
CDGへ。
wifiがあるタクシー初めて乗ったわ。
期待を裏切らない荒い運転。
まともな景色を撮ることもなく、
唯一ボケてなかったこの1枚。
どーでもいい景色でごめんなさい。
さよならパリ。
また来るから。
 帰りの機内食。
 朝ごはん。
安定のJAL。
どーでもいいけど記録に。
マミーとあと何回旅行に行けるのかわからないけど、
またいつか一緒に行ける日があるといいなぁ。
写真も綺麗に撮ってくれるようになりました 笑
本当に感謝しかありません。

ただ刺激の部分では若干物足りない...
欲望に忠実に生きていきたい私としては、
次は1人、あるいはNちゃんと2人で行きたいなぁと。


記録にお付き合いいただき
ありがとうございました。